主婦はいくらまで借りられる?

主婦がいくらまで借りられるか目安をつけるために、年収を3で割ってみましょう。
年収90万円の主婦ならば、ノンバンク系の金融機関で借りられる金額は30万円までとなります。

ノンバンク系とは銀行や信用金庫などの窓口・預金業務のない金融機関のことで、消費者金融や信販会社などを指します。
これらの業者のキャッシングは、年収の3分の1までしか融資をしていません。
年収120万円なら40万円まで、年収30万円なら30万円までしか借りることができないのです。

この決まりのことを総量規制といい、他社ノンバンクの借入額も合わせて計算します。
例えば年収120万円の主婦の方が他社から40万円の借入をしている場合、その時点で年収の3分の1に達していますから、新規ノンバンクでは借りることができません。
総量規制で注意したいのは、必ず年収の3分の1まで借りられるわけではないことです。

年収の3分の1は融資を受けられる最高額であり、実際はもっと少ない金額になると考えていいでしょう。
いくらまで借りられるのか事前に業者に聞いておけば、目安額を教えてくれる業者もあります。

一般的に主婦が借りられる妥当な額は、30万円以内とされているので、それを超えた金額で申し込みをする場合は注意しましょう。
年収が高額であれば50万円などの借入も可能ですが、初めて借りる業者の場合は少額から始まることが多いです。
年収300万円以上の方でも、最初は30万円からスタートするケースが少なくありません。

すでに総量規制の限度額まで借りている主婦に関しては、ノンバンク以外に申し込む必要があるでしょう。
銀行や信用金庫、農協などは、年収の3分の1を超えていても借りられる可能性があります。

ただし、最終的にいくらまで借りられるのか決定するのは自分ではなく金融機関なので、審査結果が出るまでは具体的な金額はわかりません。
過去に契約履歴がある場合は高額融資も可能でしょうが、初契約の金融機関の場合はノンバンクと同様に少額からスタートするのが普通です。

主婦におすすめのキャシング会社

主婦お金借りるには、パートをする兼業主婦か専業主婦のどちらかで利用できるキャッシング会社が変わってきます。
キャッシングは無担保ローンのため、少なくとも返済能力の有無でお金を貸すかどうかを決めています。

そのため、正規雇用といった社員の人が望ましいのですが、それだけでは利用者があまり募らないため、とりあえず安定した収入さえあれば問題ないとしています。
この安定した収入という点が重要で、金額に関わらずパートやアルバイトなど収入を得ることができる仕事に就いていることが重要視されます。

そのため、主婦であってもパートで収入を得ているのであれば、基本的にどこのキャッシング会社でもお金を借りることは可能です。
逆に収入のない専業主婦では返済のアテがないので、企業側からすれば怪しくてお金を貸すことができなくなります。

また、債務者への過剰貸付を防ぐために施行された総量規制は、専業主婦への貸付が禁止されたことから、対象となる消費者金融では借入ができなくなっています。

主婦が利用するのに便利なキャッシング会社は主に、総量規制の対象外となる銀行系のもので、利用限度額が30万円や50万円と低めに設定されますが、配偶者の収入が安定していれば問題なく借りることができます。
配偶者への同意書は必要なく、家族に内緒で借りることができるのが特徴です。

消費者金融に比べて金利も低めに設定され、大抵は15%前後となっていることから、利息が少なくて済み、返済も多少なりとも楽になります。

当然ながら収入のない専業主婦では収入証明書の提出も必要ないというのが魅力で、銀行によりますが即日融資が可能なところも多いので、利用する前から下調べをしておけば、いざという時にはすぐに申し込みができます。

最近ではインターネット上から申し込みが行えるようになっていますが、専業主婦では窓口からしか受け付けてもらえないところが多いので、利用する際には実際に店舗に足を運ぶことになります。